ASAKARA

〜人生は、朝の習慣で変わる〜

本の学びを効率よくアウトプットするのに役立つブックスタンド

f:id:asakara0801:20180817225625j:plain

おはようございます。マッツです。

 

昨日は「本で情報収集する3つのメリット」の記事で、「情報の網羅性があり、著者の体験談をじっくり学べる」「ストレスの68%が軽減可能」「本で交流できる」3つのメリットをご紹介しました。

 

1点気をつけたいところが、頭で理解してもアウトプットしない限り定着しないことです。

 

みなさまも「あの本で学んだことが、思い出せない」といった苦い体験を経験したことはありませんか。

 

そこで、今回は、本の学びを効率良くアウトプットし定着させていくのに役立つブックスタンドをご紹介します。

 

 

 

ブックスタンドを購入したきっかけ

わたしがブックスタンドを購入したのは、2012年春頃。

 

購入のきっかけは、プログラミングのスキルアップが目的でした。

スマホアプリ開発Webサイト構築をもっと上手になりたい。そんな時に、プログラミングのスキルアップを図るには、写経(しゃきょう)という手法がおすすめと先輩から聞いたのがきっかけでした。

 

写経とは、簡単に説明すると、技術書(本)に記載あるソースコードをキーボードから手入力することです。冷静に考えると、無駄な作業に思えるかもしれません。

しかし、頭で理解したことを実際自分の手で反復することで、定着できるのです。

ブックスタンドの効果的な使い方

f:id:asakara0801:20180817230334j:plain

読書の他にも、楽譜の固定や料理時のページ押さえ、折りたたんだ新聞、タブレット端末、携帯電話などにも活用可能。一般的なスタンドの角度設定では見づらいケースでも、5段階の角度調整ができる本製品なら、見やすさがぐんとアップします。

 

コンパクトで軽すぎず、持ち運びも楽ちん。
W175xH165xD148mmとコンパクトなサイズのスチール製。重量も330gに抑えています。室内やおけいこ事、オフィスなどでの持ち運びにも ちょうどいい重さで、かつ軽すぎてブックスタンドが倒れたり浮き上がるといったことも防げます。ページ下部手前には2本のアームがあり、しっかりと書籍を ホールドします。


出展:Amazon

 

したがって、このブックスタンドは、読書の定着以外に様々なシーンで利用できます。

 

特に読書しながら、気づきをノートに書きたい、パソコンに手入力したい。といった利用シーンのときは、非常に効果的に活用できます。

 

このブックスタンドと出会うまでは、携帯電話を重りにしたり、他の分厚い本を載せたりして、ストレスを抱えながら対応していました。それが、このブックスタンドを利用し始めてからは、ストレスなく対応できるように変わりました。

今、書評ブログを準備していますが、こんな感じで利用しています(チラっ)。

f:id:asakara0801:20180817231318j:plain

 

料金比較表(抜粋)

気になるのは、費用対効果。特に、いくらかかるのか?を知りたい方が多いことでしょう。

何かを早く定着したい人には、ストレスなく作業効率をアップできるため、おすすめです。

 

参考に、販売店の比較表を抜粋して掲載させていただきます(2018817日時点)。

 

f:id:asakara0801:20180817230917p:plain

 

以下のリンクより、それぞれの商品をご確認ください。

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回は、本の学びを効率良くアウトプットし定着させていくのに役立つブックスタンドをご紹介しました。

 

特に大切なことは、インプットした本の学びを最大化するために、復習し定着できるように自分でメモを書いたり、実際手を動かすことです。

 

少しでも参考になれば、うれしいです。