ASAKARA

〜人生は、朝の習慣で変わる〜

会議やセミナーで使える!携帯できる「どこでもシート」が超便利

会議やセミナーで使う道具と言えば、何でしょうか?

『板書を制する者は、会議を制する』といわれるように、可視化する道具が必要です。
「ホワイトボード」や「模造紙」が、会議やセミナーを可視化する上で、すぐに思いつく大切な道具でしょう。

その一方で、会議室に必ず1台以上のホワイトボードが常備しているとは言えない場合が多いです。また、模造紙の場合は、一度ペンで記入してしまうと、後で修正できないデメリットがあります。

そこで、今回は、携帯できる「どこでもシート」をご紹介します。

どこでもシートのメリット

  • 静電気でガラスや壁等に貼り付き、画びょうやセロテープは不要です。
  • ホワイトボード用マーカーペンで書き消しができます。裏写りもしませんので、安心です。
  • 両面使用が可能です。
  • 折りたたんだりできるため、どこにでも持っていけます。高価なホワイトボードを購入し、置く場所に悩まなくてすみます。

どこでもシートのデメリット

  • 値段が少し高い。
  • 間違って、油性ぺんを使うと、消せなくなる。
  • ホワイトボード用マーカーペンで書いてから、時間経過が長かったり、強く書き過ぎると、消せなくなる。

どこでもシートを長く使うための秘訣

先ほどのデメリットの3つ目「ホワイトボード用マーカーペンで書いてから、時間経過が長かったり、強く書き過ぎると、消せなくなる。」の課題に関しては、アルコール付きのペーパーやお手拭きなどを使って消すのが、おすすめです。

可視化の3つの期待効果

  1. 参加者の発言内容、会議の結果も書き出すと、認識のずれや誤解を防止できます。
  2. 要約や整理がしやすくなります。
  3. 共通認識で話をしやすい。話の脱線を防止できます。

 

どこでもシートの相棒

以下のように、付箋とペンを活用するのがおすすめです。
短時間で多くの意見やアイデアを引き出し、可視化することができます。

f:id:asakara0801:20180921213029j:plain

以下は、私がよく使っている付箋とペンです。
ポストイット 付箋 強粘着 ノート 50x50mm 90枚x5個 蛍光 650-5SSAN
ポストイット 付箋 強粘着 ノート 75x75mm 90枚x5個 蛍光 654-5SSAN
ぺんてる サインペン 5本パック XS520AD5 黒
サクラクレパス ホワイトボードマーカーツイン 4色 WBKT4-P