ASAKARA

〜人生は、朝の習慣で変わる〜

【書評】プレゼン資料が改善!一生使える見やすい資料のデザイン入門

f:id:asakara0801:20181027134605j:plain

「プレゼン資料をもっと見やすくしたい」と思う方は、多いのではないでしょうか。

資料のデザインは「学べば誰でも改善できる」と言うのは、『一生使える見やすい資料のデザイン入門』の著者である森重湧太さん。

この書籍は、Webのスライド共有サービス「SlideShare」で好評があった以下のスライドをベースにしたもの。さらに、ビフォー・アフターを中心としたビジュアルで理解する構成や必要なときにさっと開いてすぐ使えるのが特徴です。

 

www.slideshare.net
今回は、『一生使える見やすい資料のデザイン入門』の書籍の中から、ピックアップしてご紹介します。

見やすい資料の10箇条

以下に該当しない方は、本書を参考にプレゼン資料が改善できる

  1. 「1スライド=1メッセージ」になっている
  2. フォントの特性を利用している
  3. 色を使うルールを決めている
  4. 色の特性を利用している
  5. 脱・箇条書き
  6. 装飾がシンプルで無駄な要素がない
  7. 情報が凝縮されている
  8. 情報のグループ化を行っている
  9. テキストや図が整列されている
  10. 情報と情報の間には余白をとっている

出展:一生使える見やすい資料のデザイン入門

(2ページより)

上記に該当しない方は、プレゼン資料に課題を抱えている状況です。例えば、1スライドに複数メッセージになっていて、何を伝えたいのか理解できないケースがあります。

それ以外にも、プレゼン資料のあるあるだと思います。そんな課題を抱えている資料も本書を参考に改善できます。

伝わる資料とは

伝わる資料は文字を「読ませない」

ポイントは、「言葉」ではなく「視覚」で伝えるコト。

「文字数」「図」「写真」がキーポイント

ポイントは、伝えたい内容を「図や写真で説明する」コト。

大切な人へのプレゼントを考える気持ちでプレゼン資料を作成する

ポイントは、どんなに良い提案内容でも、資料がダメだと伝わらないコト。相手にとっての見やすさ、わかりやすさを重視してつくることが大切。

わかりやすさとは、情報の取り出しやすさを指す

ポイントは、わかりやすさには「外見的要因」「中身的要因」の2つがあるコト。

外見的要因とは、自然と目線を導かれ、そのスライドで伝えたいことが瞬時に判断できる状態。一方、中身的要因とは、何を説明しているのかが明快な状態。

見た目の整え方はコツを掴めば誰でもすぐに改善できます。

1スライド=1メッセージ

ポイントは、1枚のスライドで伝えることは1つまでを意識するコト。

情報は凝縮する

ポイントは、「短く、シンプルに」というKISSの法則を覚えるコト。
KISSの法則とは、Keep It Short and Simpleの頭文字からとっていて「短く、シンプルに」という考え方。とにかく文章を短くできないかを考えることが大切です。

「体言止め」でとにかく短く、強く

ポイントは、余分な表現をなるべく省き、キーワードのみに絞るコト。
文章が短くなり、メッセージも強調されます。

可能な限り必要ないものは削除する

ポイントは、内容を理解する上で不要なものは極力省くコトです。その判断基準は、「それがないと見る人が困るかどうか」です。

箇条書き頼りは卒業しよう

ポイントは、順序やストーリーの説明には箇条書きはミスマッチであるコト。

箇条書きの目的は、複数の項目を列挙してわかりやすく解説すること。そのため、それぞれの要素に、順序や流れがあったり、重要度が異なっていたりする場合は、それは箇条書きにしない方がよいです。

気づき

私が特に気をつけたいと感じたのは、「箇条書き」です。

箇条書きは、行頭に記号や数字をつけて、相手に説明したい内容をいくつかの項目に分けて表現できるのが特徴です。しかし、情報量が増えることによって、わかりやすさが半減し、相手に理解してもらえません。以下が悪い例です(出展:SlideShare:見やすいプレゼン資料の作り方 - リニューアル増量版の60ページより)。

f:id:asakara0801:20181028160103p:plain


一方、次の良い例のように、項目自体を目立たせ、項目がいくつあるのかが一目で把握できるように工夫することで、箇条書きでなくてもわかりやすいです。
(出展:SlideShare:見やすいプレゼン資料の作り方 - リニューアル増量版の61ページより)

f:id:asakara0801:20181028160429p:plain

(上記などの詳細は、本書の88、89ページに記載があります)

上記の例のように、何事も目的に応じて、使い分けることが大切。

誰に、何を伝えたいのか、短くシンプルにわかりやすく説明するコト」を探求していくのがおすすめです。

今日から実践できるコツ
  1. 今まで作成したプレゼン資料の中から「見やすい資料の10箇条」に該当するかをチェックする
  2. 改善箇所が見えてきたら、ビフォー・アフターで改善する
  3. アフターの改善した資料を誰かに見てもらい評価いただく
  4. フィードバック内容をもとにさらにアフターの改善を図る

私は、上記を実績していき、自分のプレゼン資料作成の改善点が把握できました。急なプレゼン資料作成の依頼がきた時、反射神経で対応ができるようになりたいもの。それには、ビフォー・アフターの改善資料をストックしていくのがおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、『一生使える見やすい資料のデザイン入門』の書籍の中から「見やすい資料」や「伝わる資料」のポイントを抜粋してご紹介しました。本書には、他にも目から鱗が落ちるようなビフォー・アフターの参考事例がたくさん詰まっています。

参考にしてみてはいかがでしょうか。