ASAKARA

〜人生は、朝の習慣で変わる〜

nu board (ヌーボード)を使って絵や図を描くのがおすすめ

「職場で伝えたかったことが伝わらない。誤解されてしまった…」という悩みに直面したことはありませんか。

それは、「メール」や「文字中心の資料」を使って相手に説明した時に多く起こりませんか?

私は、文字中心の説明から脱却し、絵や図を中心にした説明に変えたことで「時間短縮」「品質向上」「ストレス軽減」「記憶力の定着」につながりました。

今回は、絵や図を使って相手に説明する時におすすめの道具「nu board (ヌーボード)」をご紹介します。

nu board (ヌーボード)とは

持ち運びに便利なリングノート形式のホワイトボードです。
A4サイズ以外にA3サイズもあります。用途に応じて、使い分けるのが良いでしょう。

nu board(ヌーボード)の活用術は、以下のブログが参考になります。

kosstyle.blog16.fc2.com

ちなみに、私は、以下のA4サイズを2012年から愛用しています。

nu board(ヌーボード)のおすすめの利用シーン

例えば、以下3つの利用シーンがあります。

カフェや立ち話など、いつ・どこでも・すぐに意識合わせができる

ホワイトボードのあるコワーキングスペースは多いですが、カフェは多くないですよね。また、立ち話や朝会(スタンドアップミーティング)で、すぐに意識合わせしたい時もホワイトボードが近くにあるとは限りません。

そんな時こそ、絵や図を使って相手に説明したいことが多くあります。

例えば、職場であれば、上司・先輩・同僚など認識合わせをしたい時、客先訪問時などに、nu board(ヌーボード)を持参すれば、その場ですぐに確認できます。

Webサイトやアプリ構築時の設計書として微修正を繰り返せる

私は、Webサイトやアプリの企画〜構築〜事業運営、ウェブマーケティング等の仕事が多いです。その際、設計書としてすぐにアウトプットし、微修正を繰り返しながら、より良くしていくことを心掛けています。

そんな時に、nu board(ヌーボード)を使って、関係者と意識合わせをしながら、前に進めることが多いです(ホワイトボードやホワイトシートもよく使います)。

なお、微修正を繰り返す際、時間が経過すると綺麗に字が消えない時があります。

そんな時は、消毒アルコール付きのウェットティッシュがおすすめです。アルコール付きでない場合は、力を入れても、なかなか消えずにストレスを抱えることが多くありますので、知らない方がおりましたら周知いただけると嬉しいです。

保護シートを使い、綺麗にPDFへスキャンできる

写真アプリで撮影して保管・関係者に共有することもできますが、保護シートを使い、複合機から綺麗にPDFへスキャンできるのも役立ちます。すると、職場内の関係者にスムーズに情報共有できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、私が日頃から常備して愛用している道具。絵や図を使って相手に説明する時におすすめの「nu board (ヌーボード)」をご紹介しました。

ホワイトボード、ホワイトシート、ヌーボードなど、様々なツールがあります。目的やその場の状況に応じて使い分けるのが良いでしょう。

大切なポイントは、「言葉で説明」よりも「言葉+絵や図で説明」することです。