ASAKARA

〜人生は、朝の習慣で変わる〜

朝早く起きれるように、気持ちよく眠りにつける3つのポイント

朝早く起きたい!と思ったけど、気持ちよく眠りにつけず、寝起きが悪い時はございませんか?


今回は、気持ちよく眠りにつける3つのポイントをご紹介します。

 

眠る前に振り返る

気持ちよく眠りにつけない多くの原因は、「精神的に不安な部分があるコト」です。
そこで、不安に感じている部分を吐き出すことが大切です。
不思議ですが、人は、言葉に発したり、用紙にメモしたりすることで、不安に感じていたものがスッキリする特性があります。

振り返る際、はじめに良かったことから考えることが大切です。ポジティブな思考がより良いアイデアを出したり、安心させたりします。

不安な部分と解決策を書き、いつやるのかを書き、イメージトレーニングするのがおすすめです。すると、シミュレーションでき、何をすべきかが明確になることで、安心できます。

この状態に持って行けると、眠る前の良い準備が出来たことになります。

ホットミルクを飲む

ホットミルクを飲んでから眠るとぐっすりと寝付けます。

ただし、気をつけるのは、お酒やカフェインの取り過ぎの場合、ホットミルクを飲んでも効き目がないことです。


目覚ましを固定にする


出来る限り、いつも同じ時間に起床出来るように、アラームを設定するのがおすすめです。普段と変わりすぎるコトをやると不安になるためです。朝遅い人が早く起きたいと変化したい場合は、少しずつ早くしていくのが良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、朝早く起きれるように、気持ちよく眠りにつける3つのポイントとして「眠る前に振り返る」「ホットミルクを飲む」「目覚ましを固定にする」のが大切であるコトをご紹介しました。

今後、秋の季節で寝やすい季節になりますが、より気持ちよく眠り、朝早くスッキリ起きれるとよいですね。