ASAKARA

〜人生は、朝の習慣で変わる〜

「謙虚さがなくなる14の兆候」チェックシートでの気づき

SNS上で「謙虚さがなくなる14の兆候」に関して話題になりました。忙しくなりすぎたり、何か順調に行っている時こそ、謙虚さがなくなる傾向にあります。

今回は、その気づきをご紹介します(その基になった書籍は、以下です)。

謙虚さがなくなる14の兆候

  1. 時間に遅れだす
  2. 約束を自分の方から破りだす
  3. 挨拶が雑になりだす
  4. 他人の批判や会社の批判をしだす
  5. すぐに怒りだす(寛容さがなくなる)
  6. 他人の話を上調子(うわちょうし)で聞きだす
  7. 仕事に自信が出てきて、勉強をしなくなる
  8. 物事の対応が緩慢になる

  9. 理論派になりだす(屁理屈を言う) 

  10. 打算的になりだす(損得勘定がしみつく)
  11. 自分が偉く思えて、他人が馬鹿に見えてくる
  12. 目下の人に対して、ぞんざいになる
  13. 言い訳が多くなる
  14. 「ありがとう」という言葉が少なくなる(感謝の気持ちがなくなる)

出展:素心のすすめ

上記で該当する点は、ございましたか?もし、上記の一つでも心あたりがあれば、謙虚さがなくなってきている兆候にありますので、今後注意する必要があります。

話題のSNSの内容

SNS上で「謙虚さがなくなる14の兆候」に関する、以下のツィートが話題になりました。

1枚のチートシートになっているのが、非常にわかりやすくて良いですね。
常にセルフチェックし、改善していくことが大切。

気づき

「謙虚さがなくなる」状態というのは、「他人への感謝・尊敬の気持ちが薄れるとき」です。

オレが、ワシが、の「我(が)」が強くなったときは、他人への感謝・尊敬の気持ちが薄れる兆候ですので、気をつけていきたい。今の自分があるのも「色々な方々のおかげである」ことを忘れずにしていきたい。

また一人でチェックするのも、限界がありますので、家族や同僚、友人などから定期的にフィードバックをいただくのが良いと思います。